レーザー安全

レーザー放射の性質とその生物学的と物理学的な効果によって特別な保護措置と予防措置が必要になります。レーザーの危険の可能性に応じて、1から1M,2,2M,3R,3B,4までのクラス分けがあります。

warnlabel 1
目に安全なレーザー。
  • %
warnlabel 1M
拡大鏡、望遠鏡などの光学器械を使わなければ、目に安全なレーザー。
  • %
warnlabel 2
可視光の波長(400nm~700nm)。短時間(0.25秒まで)だけ見れば目に安全なレーザー。瞬きの目の嫌悪反応によってもっと長い照明が行いません。
  • %
warnlabel 2M
拡大鏡、望遠鏡などの光学器械を使わなければ、クラス2と同じ。
  • %
warnlabel 3R
レーザー放射は目に危ない。
  • %
warnlabel 3B
レーザー放射は目に、場合により肌にも、危ない。
  • %
warnlabel 4
目に大危険、肌にも危険なレーザー。散光も危ない可能性。レーザー放射が火事や爆発を起すこともある。
  • %
*/ レーザークラス2+2Mの注解:科学的の調査(ケルン専門大学)によると被験者の20%以下だけは角膜反射がありました。(角膜反射は0.25秒後で行って、もっと長いレーザー照明期間は目に傷つける。)ですから、角膜反射(瞬き)が目を保護することに信頼できません。その理由から、クラス2や2Mのレーザー・ビームが直接に目に当てると、すぐ顔を背けるや目を閉じた方がよいです。その上角膜反射は可視の光だけで行うことをご注意ください。赤外レーザー・ビームは目に見えないので、角膜反射が起こしません。したがって不可視レーザー・ビームにとても慎重な扱いが大切です。

予防措置を注意してください。

日本では日本工業規格のJIS C 6801 「レーザー安全用語」とJIS C 6802 「レーザー製品の安全基準」を注目してください。

「Laserstrahlung」BGV B2という事故防止規則とほかのレーザー利用安全についてのドキュメント(ドイツ語)

thumb_product_36292

DOE-DE-R258

Diffractive Optical Element DOE 11x11 Dots PC 8x1.2mm 39.2° @635nm

thumb_product_86320

DOE240-635-1-6(10x22)

DOE Laser Module 635nm, red, 1mW, DOE 1:16 DOT Circle - PC - 8x1,2mm 11°, 5V ...

thumb_product_46316

CB635-5-5(16x45)

isolated cross lasermodule, red, 90°, 635nm, 5mW, 5V DC, 16x45mm, class 1

thumb_product_787

MLD532-15-5(20x80)

Line lasermodule, green, 90°, 532nm, 15mW, 5V DC, 20x80mm, class 2M